10パイロン・セニア・レース


●定義

10パイロン・レース規定の基本的精神にもとづき、これのハイパフォーマンス・カテゴリーとして、経済性、安全性に重点を置きなおかつライセンスによる参加制限を設けないパイロン・レース振興種目として、ここに10パイロン・セニア・レースを制定するものである。

●エンジン

総排気量は2.2ccを含み2.2ccまで(12クラス)とする。

エンジンは内外メーカーにより広く市販されているものでなければならない。

エンジン形式は、側方排気システムのものとする。

マフラーは下記のものでなければならない。
公認マフラー: OS−871(ミュート付)
但し、マフラー・プレッシャーを使用しない場合はニップル穴を完全に塞ぐこと。

●レーサーの形式

胴体の寸法制限はない。
スピンナー、プロペラの材質、および寸法は安全であれば一切自由である。

主翼: 主翼面積は18du以上で矩形翼(すべての翼弦が同寸法)とし、翼厚寸法はいかなる部分も20mm以上でなければならない。なお、胴体と交差する部分は主翼面積に含まれるが、フィレットと翼端の成型部分は含まれない。

機体重量: 燃料を含まない全備重量で800g以上、1200g以下とする。

コントロール・メカニズム: サーボ・モーターは3個以上を使用し、そのうち1個はエンジン・ストップまたはコントロール専用としなければならない。

すべてのレーサーは完全に整備され、安全上十分な配慮がなされていなければならない。
欠陥が発見され、危険とみなされるものは「危険飛行」によりレースより除外される。

●コース

3点パイロンレース(320M)。

●レース競技およびその他の事項

競技会の運営は、主催者により変更される場合、大会規則、公式通知により明示される。

燃料制限: 使用燃料はニトロメタン15%とし競技会主催者があらかじめ競技開始に先立ち工事し、競技会場にて当該レースに必要な量を準備し、支給する。

エンジン・スタート時間は60秒とする。

●出場制限

制限なし。